インフルエンザの前兆があったら感染経路を絶つ

インフルエンザは通常風邪と違って、咳やくしゃみなどの呼吸器系の症状が緩やかです。前兆が少ない中で突然高熱が出るので、気づいた時にはインフルエンザを発症していることが多く、広範囲に感染が拡大します。まれに関節の違和感や全身のだるさといった前兆が現れる場合があります。インフルエンザの潜伏期間は1~2日で、長くても1週間もすれば発症します。前兆に気づいたら、感染経路を絶って周囲に感染させないように注意します。インフルエンザの感染経路は、3つあります。まず飛沫感染です。ウイルスを保有する人の咳やくしゃみの飛沫を吸い込んで感染します。自分がインフルエンザと疑わしい時には、マスクをして飛沫感染を防ぎます。次に空気感染です。くしゃみや咳は、空気中でさらに細かい粒子に分けられます。密閉された空間では、粒子が空気中を浮遊しており、それを吸い込むと感染してしまいます。インフルエンザウイルスは乾燥に強く、湿度が高い空間では働きが弱くなります。よって長時間空気中を漂うことができないため、加湿器で湿度を一定に保つことが重要です。また時間を決めて空気の入れ替えをすると感染経路を絶つことが可能です。そして接触感染です。ウイルスを保有する人は、手にそのウイルスが付いています。くしゃみや咳をする時に手で口を押さえたり、鼻水をかんだりした時にウイルスが混ざっているためです。よってその手で物を触ると、後から触った人に感染させる恐れがあります。公共物などはなるべく触らない配慮が求められます。またウイルスに感染していなくても、公共物は衛生的でないことが多いので、外出先から帰宅したら手洗いやうがいを徹底することが大切です。