今後インフルエンザでパンデミックになる恐れ

ウイルスを原因として感染が広がる感染症は、時として世界中において極めて大きな問題になることがあります。
特定地域のみでウイルス感染が見られたということであれば一旦そこに感染者を封じ込めて対処をしていくことが出来るのですが、これが万が一世界中に広がるということになり、そして大量の死亡被害などに至ったというのであればそれは「パンデミック」と呼ばれる事態になります。
これまでの世界で発生したパンデミックとしては天然痘やエイズ、ペスト、マラリアなどが代表的な物として挙げられますが、よく「パンデミックになるのでは」として心配がされるのがインフルエンザです。
実際1997年から発生した高病原性鳥インフルエンザの事例においてはパンデミック一歩手前の事態にまで信仰していたとされていますので、この「インフルエンザによるパンデミックの発生」は絶対にあり得ないとは断言できません。
では今後インフルエンザによるパンデミックの可能性はどれくらいあるのかと言うと、これは「過度に心配をする必要はないが、万が一の際に対応できる備えはしておくべきである」と言うのが適当です。
現在の医学であればインフルエンザに対して幅広く対応が出来るようになっていますし、特に日本という国における医療の水準はかなり高いレベルにあります。
これがアフリカや東南アジア地域などの発展途上国エリアであればまた別ですが、少なくとも日本国内においてある日突然まったく知らなかったインフルエンザの変異種が猛威をふるうというのは考えづらいでしょう。
とはいえ1997年には鳥インフルエンザが猛威をふるったのは事実ですから、万が一パンデミックに近い状態になってしまった際にどのように対処するべきか、どのように情報を集めるかなどのことを考えたり、普段からマスクや解熱鎮痛薬などの備蓄をしておくことは必要なこととして考えておくのが重要です。

■治療薬はお得に購入出来る
リレンザを通販で購入しよう!
■正しい知識をつけて予防しましょう
インフルエンザの症状と予防